ルーブルのち・・・

0
    AKB48も いっときほどの勢いはないのかな? と思っていた矢先
    みんながビックリしたという サシハラさん総選挙1位で
    初センター曲「恋する フォーチュンクッキー」を聞いて
    「いい!」と思いました。
    なかなか 仕掛けるね。

    新聞のクイズを解いて 東京都美術館の「ルーブル美術館展」
    チケットが当たったので 行ってきました。
    上野動物園の近くです。

    上野動物園

    東京都美術館

    ルーブル美術館展


    今回目玉の 狩りの女神「アルテミス」

    ルーブルの女神

    「地中海四千年のものがたり」というテーマでしたが
    毒蛇に胸をかませるクレオパトラの絵やら 
    王子に 上半身むき出しの女性を紹介するヴィーナスの絵など
    なんとなく 生々しいものもありました。
    え?愛の女神ヴィーナスって 女性あっせん業?だったん?
    など不届きな事を言いつつ 古代の鏡をのぞきこもうとして
    思い切り 鼻をぶつけてしまった…。

    で、早々に退散し 怪しい夕闇の アメ横に突入。

    アメ横

    そこで 
    中古では あるけれど 欲しかったクラブに 出会ってしまった。

    ゴルフクラブ

    レッスンで借りているシリーズのクラブだけれど
    YマハのFミナの フェアウェイウッドは 音がかわいい。
    いい音が鳴った時は 恋する気分。
    恋は うまくいくばかりではなくて ハラハラドキドキ。

    「恋する フェアウェイウッド」に しばらく とらわれてみたい。 







    新宿に・・・

    0
      梅雨入り宣言後 好天が続き 梅雨はどこへ?と思う毎日です。

      先週 いかにも 梅雨入り前らしい曇天の日
      少し 時間があったので
      新宿 損保ジャパン東郷青児美術館の 
      オディロン・ルドン展に行ってきました。

      朝日新聞のクロスワード問題を解いて 招待券をいただいたのですが
      (オディロン・ルドンって 知らない人を選んだのは)
      損保ジャパン美術館だったから。 
      ゴッホの「ひまわり」が 常時展示されているから。

      新宿西口は 高層ビル街で 圧倒されるな〜。
      損保ジャパンビルは 末広がりの 美しいフォルム。

      新宿損保ジャパンビル


      都庁も 見えます。

      都庁


      美術館は42階で エレベーターで上がると 耳がツ〜ン。

      42階 ガラス越しの展望。
      スカイツリーも左奥に 見えますが スマホカメラでは 限界が…。

      損保ジャパンビル42階より


      オディロン・ルドン。
      何やら 名前の おどろおどろしい感じそのままに
      ボードレール「悪の華」の挿絵やら 「ハムレット」オフィーリアの入水シーンや
      少し こわ〜い感じ。

      オディロン・ルドン悪の華 オディロン・ルドンオフィーリア  
        


      今回目玉の 「笑う蜘蛛」はちょっと かわいい?

      オディロン・ルドン 笑う蜘蛛


      最後に やってきました。
      久しぶりの ゴッホ 「ひまわり」
      また来たよ! ゴッホ ひまわり 

      やっぱり 感動しました。

      また来るよ! 

      目に焼き付いた こがね色のひまわりの世界に
      新宿の 雑踏を歩きながら
      しばらく ウフフ… の世界でした。

      今まで知らなかった オディロン・ルドンも面白かったな。



       

      イブの感動

      0

        クリスマスイブの24日、おひとり様で
        どこか思いっきり クリスマスらしいところに行こうと思い
        お茶の水クリスチャンセンターで開かれている
        星野富弘さんの絵画展に 行ってまいりました。


        星野富弘展 看板写真


        残念ながら 教会の趣はなく
        普通のビルの上に 小さな十字架が目印なくらい。
        やっぱり 信者でもないのに 気分だけ味わおうなんて 不謹慎ね。
        真面目な顔で 5階の展示場に向かいました。

        星野富弘さんは 体育の教師だったころ
        頚髄を損傷されて 以来 手足不自由の身で
        絵筆を 口にとって 描かれてきたと いいます。
        人一倍 運動能力のすぐれた方が
        これ以上ないと思われる 絶望のふちから
        描かれた絵と文字は
        凡人には とうてい 及びもしない 重みがあります。

        ちょっと 泣きかけたのは
        「結婚指輪はいらないと いった」
        (だんな様の顔を洗ってあげるのに きずをつけてはいけないから)
        という 奥さまのエピソードを綴った 作品で
        物欲にまみれた 私とは 月とすっぽん だわ〜 と思いました。


        星野富弘 作品あじさい

         
        人生 わりあい 平等にできていて 
        普通の者が 一生 かかっても 知ることのできない宝物を
        獲得されているのでは と思いました。
        作品は お身体の経緯を知らなくても
        上手なものは 上手
        ちょっと重くなる心をしのぐ すばらしい筆致でした。 

        帰路、お茶の水橋の上から。
        外堀、JRお茶の水駅、と 向こうの聖橋(ひじりばし)が
        一望できる この光景が とても好きです。



        お茶の水橋から 写真

         


         


        << | 2/2PAGES |

        カレンダー

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        最新の記事

        カテゴリー

        コメント

        月別更新一覧

        ハロー!でつながるWeb広場

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR