参加賞の花

0

    30年間で 著作権使用料ナンバーワンの楽曲は
    「世界に一つだけの花」 だと 発表されました。

    おおっぴらに言うと 袋叩きに遭いそうですが
    私は「世界に一つだけの花」は 嫌いです。
    サビの部分の
    ♪ ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン ♪
    の部分が
    ナンバーワンになれない 慰めのように聞こえるからです。

    どんな世界でも ナンバーワンは難しい。
    誰もが とれるわけではない。
    だからこそ価値があって 目指す姿も美しい。

    競え 青春 強きもの (「若い力」作詞 佐伯孝夫 作曲 高田信一より)

    先日、ミックスダブルス卓球大会がありました。
    夫婦ペアで挑んだ私たちは
    参加した人全員がもらえる一人2ポットのビオラを 4ポットいただきました。
    お花はかわいいけど、試合の結果は心の底から 悔しいです。


    ビオラの花

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.29 Tuesday
      • -
      • 16:12
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      オンリーワンならナンバーワンなのではないでしょうか。またナンバーワンになる人はオンリーワンです。実は表裏一体のはずなのですが、この歌詞は競うことを否定しているので、もともとナンバーワンは存在しないのにナンバーワンの自己否定をしているようです。歌のナンバーワンはともかくまずはワンポイント、ワンセット、ワンゲーム、ワンウィンとワンにはこだわっていきましょう。うーワン!オオカミになりたい。
      • 阿誠
      • 2012/11/22 11:14 PM
      >阿誠さん、前回難解ホークスだとのコメントをいただきましたので、
      今回は わかりやすい記事を書いたつもりですが
      阿誠さんのコメントが 今度は難解ホークスで・・
      (・・? 
      まっそれだけ愛されている歌には なにかしらあるんでしょうね。
      個人的には中島みゆきの 「狼になりたい」の方が興味があるけど・・・

      • KEIKO
      • 2012/11/23 12:26 AM
      そうですか・・・KEIKOさんには嫌いな歌になってしまったんですね。私は、この曲を使ってダンス踊ったことがあるので好きだったんですけど意味の取り方はそれぞれですね。
      卓球試合、頑張ってらしゃるんですね(*^^)v
      >いのちゃん、私は あまのじゃくなだけです。
      いのちゃんみたいに素直な人はかわいいと思います。
      せっかくの思い出の曲なのに、
      申し訳なかったです。
      みんなでこの歌にのってダンスをすれば楽しいでしょうね。
      コメントありがとうございました。
      • KEIKO
      • 2012/11/23 10:29 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      カレンダー

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      最新の記事

      カテゴリー

      コメント

      月別更新一覧

      ハロー!でつながるWeb広場

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR