パソコンで水彩画6

0

    今日の教室のお題は「玉ねぎ、卵、ししとう」です。
    最初「あ、今日は簡単だ、早く帰れる」なんて思いました。
    モチーフは「配置」で、全体を 格好の付く配置で描きなさい、と。
    ただし、玉ねぎが真ん中に鎮座した状態から、という制限つきです。
    この鎮座される玉ねぎが、あまりにドーン感が強いので
    なんだか気に入らなくて、おまけに 卵が 難しい。
    気がつくと、15分も遅延していました。(そのわりには未完成でお恥ずかしいです)

    玉ねぎ卵しし唐の絵

    ドーン感が 気に入らなかったとは言え、この絵から玉ねぎを抜くと愛想が無くなります。
    いっときの 「アンチ玉ねぎ感」は 描き終わったあかつきには 消えていました。

    「アンチ玉ねぎ感」と言ってしまいましたが、
    本当は「アンチ○○」という言葉は嫌いです。
    アンチ巨人が 多いのなんの・・・

    日本人には 判官びいき、というものがあって
    兄 源頼朝に 敗れた 
    九郎判官義経を 英雄美化する様子から 弱い者びいきのような意味合いで使われます。
    けれども 頼朝が 幕府をひらいて 政治を行い、
    天皇は天皇として崇めていくという制度をつくったおかげで、
    日本は 王朝をぶっこわし続けた国とは違うわけだし、
    個人的には スタンドプレーの義経より 頼朝の方が好きです。

    「アンチ○○」は
    判官びいきとも 違って
    強いもの、人気のあるものが
    なんとなく おちぶれてほしい
    といういやな感じがあります。

    確かに 巨人は
    あまり 評判のよくない事を重ねて
    ちょっと 恥ずかしい。

    でも「アンチ巨人」ではなく
    はっきり 巨人が嫌い、と言ってほしい。

    日本ハムとの 日本シリーズが2−2のタイ になりました。
    ここは めでタイ なんて言ってられません。

    王手は どちらの手に・・・


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.29 Tuesday
      • -
      • 14:38
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      久しぶりの勝ちでGの王手です。さてこちらもファン待望の久しぶりの水彩画です。配置に苦心されたようですが、あまりの出来に少しししとう(シット)。でもちょっと陰影の所為でしょうか、卵が生卵ぽく肉感を感じたのは気のせいでしょうか・・いろいろ『苦労判官義経』が続きますね! おっと失礼頼朝ファンでしたか。次回の水彩画も期待していま〜す。
      • 阿誠
      • 2012/11/01 11:07 PM
      >阿誠さん、いろいろ意を汲んだコメントありがとうございます。
      まずは、G・V!
      昨日からのモヤモヤを 飛ばしてくれました。
      卵は 調理前の食材として並べてある生卵のつもりでしたので
      そのように見ていただいて成功かな? ちょっといびつだけど・・・
      ご観賞ありがとうございました。
      またよろしくお願いします。
      • KEIKO
      • 2012/11/01 11:53 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      カレンダー

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      最新の記事

      カテゴリー

      コメント

      月別更新一覧

      ハロー!でつながるWeb広場

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR